歴代ロレックス デイトナの価格推移と価値

既にご存知の方も多いでしょうが、ロレックスの数ある人気モデルの中でも抜群の資産価値を形成しているのがデイトナです。

歴代モデルの全てで定価を大きく上回るプレミア相場を築いており、近年ではいずれも過去最高となる高騰を記録することとなりました。これだけ価格が上がっても「買い控え」が見られないのがデイトナの凄まじさ。

むしろ「高く売れる」「今後さらに高騰する」といった期待感も相まって、多少のアップダウンはあるものの、この5年間は右肩上がりの相場感を描き続けてきました。

今後デイトナの相場がさらに上がるのかはたまた落ち着くのかは、誰にもわかりません。

しかしながら過去の価格推移を知ることで、デイトナの価値の手堅さと人気の傾向―すなわち、値崩れのしづらさ,普遍の人気―を知り、予測を立てることはできます。

そこでデイトナの歴代モデルの、2017年~2021年までの過去5年間の価格推移を掲載致します(6263および6265はコンディションや仕様での価格変動が大きいため、現在の相場範囲を掲載)。価格推移は当店bibicopyに入荷した中古モデルから一年間の平均相場を採り、グラフ化したものとなります。

中古時計は状態や仕様によって大きく価格が変動するためあくまで平均とはなりますが、ぜひ動向をチェックしてみてくださいね。

ただし、初代デイトナおよび第二世代は市場流通量がきわめて少なく、当店の入荷実績もまた少ないため、第三世代以降の主要モデルを対象と致します。また、手巻きデイトナの中にはポールニューマンダイアルといったレア仕様も存在しますが、下記価格推移グラフでは対象としていません。

【関連記事】:https://truxgo.net/profile/haerfdshop

发表评论

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com 徽标

您正在使用您的 WordPress.com 账号评论。 注销 /  更改 )

Twitter picture

您正在使用您的 Twitter 账号评论。 注销 /  更改 )

Facebook photo

您正在使用您的 Facebook 账号评论。 注销 /  更改 )

Connecting to %s